通信No.51 Communications No.51

「通信No.51」をお届けします。以下、記事の内容(抜粋)をご紹介いたします。


通信51号 ​ ←全文をご覧になられたい方は、こちらを・・(PDFファイル:2.8MB)
 (AcrobatReaderV9以上を推奨いたします)

 

巻頭言

(社会福祉法人 熊本いのちの電話 理事長 福田 稠)

 「熊本いのちの電話」は1985年、自殺予防の電話相談として設立されました。当時、ホテル・キャッスルの社長をつとめておられた林英夫さんが運営委員長となられ、その御縁で、手取カトリック教会の建物をお借りしてスタートしたものです。・・・(中略)・・・今年は、創立30周年を迎え、記念事業として作家の葉翔明さんによる講演会をはじめ様々な企画を計画中です。熊本いのちの電話は、30周年を節目として、更に飛躍すべく関係者一同、心を一つにして、精進するつもりです。今後ともよろしくご支援の程お願いいたします。(詳しくは本文をご覧ください)