チャリティ上映会2011 アンダンテ〜稲の旋律〜

アンダンテ
熊本いのちの電話では、
今年のチャリティ事業として、
映画を上映します。

映画のタイトルは、
 「アンダンテ〜稲の旋律」(字幕付き*)
とてもいい映画作品です。

ぜひ、ご覧ください。

チャリティ実施の要領は下記に詳しく記しておりますので、ご覧ください。




主催=社会福祉法人 熊本いのちの電話
協賛=熊本ロータリークラブ
後援=熊本県社会福祉協議会 熊本市社会福祉協議会 NHK熊本放送局 RKK TKU
   KKT KAB FMK FM791 熊本日日新聞社 熊本リビング新聞社
   NTT西日本熊本支店 熊本労音 熊本YMCA 熊本YWCA 熊本県学校保健会
   JA熊本市

注*:聴覚障害者のみなさんにもお楽しみいただきたく、字幕付きで上映いたします。

チャリティ上映会のご案内

 題名:「アンダンテ ~稲の旋律~」(字幕付き*)
 配給:熊本映画センター
 日時:平成23年12月22日(木)
 会場:崇城大学市民ホール
 ------
 上映時間 108分
 昼夜二回上映
  1回目 開場)午後1時30分 開演)午後2時
  2回目 開場)午後6時 開演)午後6時30分
 チケット料金
  前売り 大人 1,300円 高校生以下 800円
  当日  大人 1,500円 高校生以下 800円
  ※取扱先
   熊本いのちの電話事務局
   交通センター
   チケットぴあ[鶴屋百貨店東館地下1Fプレイガイド]
   ローソン[Lコード:82278]

注:チケット購入方法などのお問い合わせは、事務局まで。
  お電話 (096)354-4343
  ぜひ、ご鑑賞のご検討をお願いいたします。
注*:聴覚障害者のみなさんにもお楽しみいただきたく、字幕付きで上映いたします。

ストーリー

主人公藪崎千華は、母親の強い希望で幼い頃から音楽の道を歩むが、音楽社会の競争が激しく次第に自信を失くしていく。やがて自分自身をも見失い登校拒否となり、大学中退を余儀なくされる。
大学中退後、アルバイト生活を繰り返し続けるが、とうとう一日中家に閉じこもるようになり、日毎の両親とのいざこざも絶えなくなってしまう。そんな自分を思いつめた千華は、千葉の水田へ「誰か助けてください」と書いた紙切れをペットボトルに詰めた心のSOSを置いてくる。
暫くしてそのペットボトルを拾った広瀬晋平から、千華のSOSに応えようとした手紙が届く。
千華も自分がどのような人間か、どうして他人とあうのが怖いのか、長い手紙を晋平に送った。
こうして始まった千華と晋平の交流は、千華のひきこもり生活を徐々に変化させていくのだが・・・

リンクのご紹介


アンダンテ映画「アンダンテ〜稲の旋律〜」の
公式ホームページは、こちらへ・・

こちらのページを開く時にパソコンのスピーカーをオンに設定していただきますと、主人公の新妻聖子さんの歌声を聞くことができます。
また、この映画の制作意図や、物語のあらすじなどの情報もあります。ご覧ください。


アンダンテ-CD映画「アンダンテ〜稲の旋律〜」オリジナルサウンドトラックの
ご紹介は、こちらです・・





熊本映画センター配給会社の熊本映画センターさんのHPは、こちらへ・・