ブログ blog page

2016年02月04日 (木) 19:51

「通信No.53」をアップしました。

「通信No.53」をお届けします。
​以下、記事の内容(抜粋)をご紹介いたします。


​ 通信No.53  ←全文をご覧になられたい方は、こちらを・・(PDFファイル:2MB)
 (AcrobatReaderV9以上を推奨いたします)

 

巻頭言

(社会福祉法人 熊本いのちの電話 理事 岡 成也(熊本YMCA 総主事))

 今年、熊本いのちの電話開局、30周年を迎えました。福田稠理事長をはじめ多くの支えてくださる皆様のご奉仕とご支援の賜物であると感謝いたします。私にとって「熊本いのちの電話」は故廣石鑑光熊本YMCA元総主事はじめ、歴代の総主事が活動の一翼を担っておられたことに敬意と感謝の念をわたし自身が一昨年、熊本YMCA総主事に就任し、あらためて痛感いたしました。
 聖書の中に”ふたりはひとりにまさる”という言葉があります。それは、ひとりが倒れた倒れた時に、もうひとりが助け起こすことができるからです。人間は強さと弱さ、長所と欠点を共にもっています。社会、コミュニティというものは、その人の持つ長所を伸ばしていくと同時に、弱さを補い合うものだと思います・・・(詳しくは本文をご覧ください)